氣象報告常常不準

台湾生活。華語・台湾語学習。システム関連の話題など。

法務省は日台重籍者の扱いについて系統立てた丁寧な説明をしてほしい(2)

「日台重籍は日本側では日本国籍単一国籍扱い」 「義務対象ではない」 「手続きをする必要はない」 このように法務局で説明されてきた内容の正式な確認を法務省に求めたところ「所定の期限までにいずれかの国籍を選択する義務があります」と真逆の回答を法務…

法務省は日台重籍者の扱いについて、系統立てた丁寧な説明をしてほしい(1)

主に台湾在住の日本人の皆さんが日台双方での国籍手続きや在留資格などの問題について情報交換している「居留問題を考える会」という組織があります。 同会の会長さんは、以前書いたように liuk.hatenablog.com 2018年4月28日のシンポジウム「二重国籍と日本…

国税庁に聞いた!・・「永住者」も消費税免税の対象になる

以前書いたこの内容 liuk.hatenablog.com の録音を公開します。 「永住者」も海外長期転出中であれば、消費税免税の対象になるのです。この扱いについては「法的に不可」という誤解が蔓延してますので、正しい解釈を広く知ってもらいたいところです。 誤解の…

蓮舫騒動とは何だったのか?・・・シンポジウム「『二重国籍』と日本」聴講レポート

4月28日(土)日本記者クラブで開催されたシンポジウム「『二重国籍』と日本」 nojimatsuyoshi.com を聴講しました。二部構成で、前半(第一部)は、話題になった蓮舫氏のケース(日本と台湾の間)のいわゆる"二重国籍"問題についての扱いを検証するもの、後…

「霞ヶ関文学」が生み出した蓮舫「二重国籍」の虚構

台湾の声編集部 多田恵氏の 2018年4月2日 の記事 ritouki-aichi.com 内容は、 ・「二重国籍」と日本 日時:2018年4月28日(土)13:00~17:00 場所:日本記者クラブ9階会見室 という、ジャーナリストの野嶋剛氏から発信されたシンポジウム案内を紹介する趣旨…

蓮舫騒動は現政権の急所になりうる

蓮舫騒動というのは視点を変えれば、現政権にとって財務省書き換え問題どころではない大ごとになる要素を抱えていると感じます。 繰り返しますが、「蓮舫氏にとって」ではなく、「現政権にとって」です。 金田勝年法相の2016年10月18日の会見内容 www.youtub…

国籍法上の国籍選択の規定と日台重籍者

国籍法上の国籍選択の規定 外国国籍を選択する場合 外国の法例に基づき外国国籍の選択を行う方法 日本国籍を離脱する方法 日本国籍を選択する場合 外国国籍の離脱をする方法 選択宣言の手続きをする方法(戸籍法104条の2) 「日台重籍者」の選択の手続き 台…

日台重籍状態の発生

1)両親の国籍を引き継ぐことによるケース 2)日本人の台湾への帰化によるケース(日台間の特殊事情) 1)両親の国籍を引き継ぐことによるケース 1985年 日本国籍法改正(父系主義→父母両系主義、国籍選択制度)・・父:台湾人 母:日本人 で重籍が生じる…

「フェイクニュース」を語る資格

青木文鷹氏が今日(3月24日)、「フェイクニュースはなぜ拡散されるのか?」というセミナーをやるらしいので驚いた。青木氏は、昨年7月、当方がツイートで >「国籍選択」は、日台間の場合、非対称(日本籍は選択できるが、台湾籍は選択できない)扱いです。…

法務省は日本人の「台湾への帰化」を認めないのか?

>法務省も台湾への帰化は認めないとかいう変な法解釈はやめて暖かく送り出してあげたい。 この妙ちくりんな文は八幡和郎氏の記事(2016年12月13日) agora-web.jp に出てくるものだが、一般の読者はピンと来ないのではないか? 法務省が(日本国民の)「台…

「実務上、台湾籍だと法務省は『重国籍』と取り扱わない」 ・・田上嘉一弁護士とのやりとりから

一昨年秋からの蓮舫騒動。「国籍法違反だ」として蓮舫氏批判論に乗った「有識者」は数知れないですが、実務上の台湾の扱いをどこまで了解したうえで批判をしていたのかは疑問です。実際には「有識者」も多くの「誤解」を残してしているのではないか。「誤解…

中国が二重国籍容認に政策転換しそうだ

www.ettoday.net 補足)この件を報じている別のソース三件政协委员建议改《国籍法》 争夺人才和资源http://news.sina.com.cn/sf/news/fzrd/2018-03-05/doc-ifxipenm9642736.shtml 取得外国国籍不等于不爱国http://news.dwnews.com/china/news/2018-03-04/600…

「日台重籍」が「国籍法違反」だという八幡和郎氏の「デマ」をいまだに正せない社会を憂慮する

agora-web.jp >蓮舫氏の二重国籍問題は、法律が良いかどうかは別として、単に法律に反している状態だったというのと・・(略) まだ「法律に反して」などと書くのか八幡和郎氏は?と、げんなりした気分だ。蓮舫氏はすでに台湾籍を離脱したわけだが、その離…

「ファクトチェック・イニシアティブ」にファクトチェックしてほしいこと

ファクトチェック・イニシアティブという組織が『事実関係に疑問がある、ファクトチェック(真偽検証)が必要ではないかーそんな言説・情報』を募集しています。 情報提供はこちらから – ファクトチェック・イニシアティブ ならば、ぜひともやってもらいたい…

台湾華語の語彙を増やしたいので、Androidアプリを作ってみた

自身、台湾華語を勉強してきて、「文法」はある程度おさえたつもり。ただし自身圧倒的に不足しているのが発音知識だと自覚している。日本語の漢字知識のおかげで文字づらから意味は取れてしまうが、耳で聞いて意味が取れず、漢字を見て発音できない。 そこで…

蓮舫氏の「台湾は国じゃない」発言考察

蓮舫氏、昨年の国籍騒動の際に「台湾は国じゃないので二重国籍ではない」と発言したと報じられた。 netgeek.biz この件は「台湾が激怒」などと、蓮舫氏を非難するネタの一つにされた。 そうは言っても私自身が法務局に問い合わせた際にも、 「日本の方では、…

「国籍選択」と「国籍選択宣言」との粒度(話の範囲)の違い

東京法務局に「日台重籍者」の扱い(国籍選択)について相談したら「日本国籍単一国籍として扱う」と説明された件、に対して、ある方(以下W氏)からツイッターでコメントをいただいた。 私)東京法務局は、『日台重籍者』については『日本国籍単一の国籍を…

法務局の説明は八幡和郎氏が『幼稚な都市伝説』で『誤り』と切り捨てていた内容そのもの

八幡和郎氏は、「台湾を日本は国とみとめてないので二重国籍もない」という見方を、『幼稚な都市伝説』で『誤り』だと自信満々に切り捨てていました。コレ↓ 【台湾を日本は国とみとめてないので二重国籍もないという幼稚な都市伝説の誤り】【台湾の人の国籍…

日台重籍についての法務局の説明(音声)

2017年10月2日に法務局に問い合わせした際の音声です。 是非一度聞いてみてください。 ※肝心なのは日台重籍者について、「二重国籍扱いだけど義務が履行できないので免除する」という言い方ではなく、「日本国籍単一国籍として扱う」として説明されているこ…

日台重籍者に安心してほしい話

(2017年10月2日に東京法務局国籍相談窓口に私自身で電話して確認しております) 2016年秋の蓮舫さんの「二重国籍騒動」以来、日本における自身の法的立場を不安に思っている日台重籍者(台湾籍を持つ日本国民)は少なくないだろう。 元通産官僚の八幡和郎氏…

10月10日は「国慶節」か?

このところ、台湾での10月10日を「国慶節」と表記している日本語記事を見かけ、違和感を感じています。 台湾教育部の辞典サイト《重編國語辭典修訂本》 http://dict.revised.moe.edu.tw/ でチェックしたところ================【國慶日】民…

外国人旅行者等の消費税免税制度

・日本国民の場合、海外に転出して2年以上の者は、免税制度を利用できる。・外国人は原則、免税制度を利用できるが、日本入国6か月以上になるものや日本の永住権を持っている人は利用できない。 ・・・といった運用が免税店の現場でされています。 私は日本…

日台重籍者に選択義務があるのか東京法務局の国籍相談に聞いてみた

東京法務局の国籍相談窓口の担当の方に電話で聞いてみた。これって金田法務大臣の記者会見が勇み足だったってことなのじゃないだろうか?================私)日本と台湾の重籍にあたる者の扱いについて去年から話題になっているが、詳しい…

「箱」と「盒」

頼まれものの菓子(八個入りで200元(約800円))を買いに菓子屋へ。メモを片手に商品を探していると、店員が「見せてみな」というので手渡す。 すると店員の態度が急に変わった。ニコニコしながら、「是非試食して」(一つ頂いた)「お茶もあるから飲んで」…

台湾の「大帰化」制度

台湾で「特殊な功績」がある場合に帰化手続きで「原国籍を離脱しなくても」帰化が認められる制度は今年から始まり、シスター、神父、や医師など、既に多数の該当者が出ているそうだ。 jp.taiwantoday.tw japan.cna.com.tw jp.taiwantoday.tw (同様の制度は…

「日台重籍」・・無理筋の国籍選択義務

蓮舫氏の騒動のあおりで、一般に、日本籍と台湾籍を併せ持つ人(以下日台重籍者)にも国籍法上の選択義務がある、という認識が広まった。 「にも」と書いたのは、台湾は国ではないと扱われる以上、日台重籍は国籍法上の二重国籍にはならないとする説も一部に…

日台重籍問題:福原愛さんのお子さんで考える

日台重籍問題では、蓮舫氏がその代名詞のようになってしまったのが残念。制度を考えるうえでは、蓮舫氏をとにかく一旦忘れてもらって、例えば、福原愛・江宏傑ご夫妻の間に生まれるお子さん、の立場で考えてみてもらえると随分と理解が違ってくるのではない…

二重国籍批判で無視された「台湾籍の事情」

1972年の日中国交回復に伴う日台断交以降、台湾居住の日台カップルの日本人配偶者、特に「日本人妻」のケースなどで「台湾に帰化したい」と希望する人が少なからずいたわけですが、手続の方法がありませんでした。 台湾の国籍法は、帰化の要件として『元の外…

免税店「例外の例外」

台湾に住んで4年以上になるが、たまに用事で日本に行くこともある。楽しみの一つは買い物。しかし、折角だからと『免税店』でたくさん買い物したあげく、精算時に免税手続きを拒否されてがっかりさせられることが時々ある。----------------- 法律上免税にな…

蓮舫氏への攻撃で恥をかかされているのは『国』だ

蓮舫氏が民進党代表を辞任した。八幡和郎氏をはじめとする「二重国籍」攻撃を仕掛けていた側は得意満面のご様子。 しかし一連の攻撃では、蓮舫氏個人が受けた傷よりも、「法治国家としての日本」が受けた傷の方が、はるかに大きいのではないかと感じる。 「…